禁煙外来|医療法人春陽会サクラクリニック 内科・循環器科・外科・消化器科・小児科

 
午前 ×
午後 × × ×
  • 050-5840-3800
  • 052-801-3931
  • 受付:8:30~19:30 休診:木曜・土曜午後・日曜・祝日

禁煙外来

喫煙が引き起こす様々な病気「肺がん」「心筋梗塞」「慢性閉塞性肺疾患」等など。
「たばこが体に悪いとわかっているけどなかなか止められなくて…」

そんな方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

「自分の意思が弱いから止められない」と禁煙出来ないことを自分のせいにされてはいませんか?
そんなことはありません。ご本人が悪いわけではないのです。

 

実は禁煙が難しいのは、たばこの煙に含まれるニコチンが引き起こすニコチン依存症が大きなん原因と考えられています。つまり、一種の病気と考えてください。そしてこの病気にはキチンと治療薬があります。

当院ではこの治療薬に当たる禁煙補助薬を使いながら皆様の禁煙をサポートします。外来では喫煙の身体に及ぼす様々な悪い影響について説明をさせていただいた上で、禁煙補助薬を使っての禁煙治療についてその仕組み、薬の内容、副作用などについても説明させていただき、禁煙治療をスタートします。

当院での実績からはご本人が「よし!禁煙しよう」という気持ちさえあればかなりの高率で禁煙は成功します。是非思い立った時にご相談ください。

 

ニコチン依存症とは

いつでも禁煙できると思いながらもいつの間にかタバコをやめられなくなるのはどうしてで

しょうか?タバコに含まれるニコチンには強い依存性をもちます。そのため現在では喫煙する習慣の本質

は「ニコチン依存症」という治療が必要な病気であるとされております。

タバコを吸うと、ニコチンが数秒で脳に達し、快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させます。

ドパミンの放出により再びタバコを吸いたいという欲求が生じます。その結果その快感によりさらにタバ

コが欲しくなるという悪循環に陥ります。この状態をニコチン依存症とよびます。

風邪をこじらせて、自分自身の意思で完治させることができないのと同様に、「ニコチン依存症」を意思

の力で治すことは難しいといえます。そこで最近では「ニコチン依存症」の治療としての禁煙が依頼が健

康保険で受けられるようになりました。

禁煙をお考えの方をまずは当院まで一度ご相談下さい。